その他の工法

ディープウェル工法

概要

オールケーシング工法の施工要領で掘削する深井戸工法です。削孔内にストレーナーパイプを挿入してパイプと孔壁の間隙にフィルター材(豆砂利)を投入し、このフィルターを通して井戸内に流入する水を高揚程水中ポンプで排水し、地下水位を下げる工法です。

特長
  • 根切りの深い現場で、根切り底盤以下まで地下水位を下げてドライ掘削を行うため、安全で経済的な作業が可能である。
  • ディープウェルの設置によって、地下水圧の過大によるヒービング防止に役立つ。

深礎工法

概要

立坑掘削工事、橋脚基礎工事など、特に大口径の掘削が必要な杭施工に最適な工法です。所定の地耐力を有する支持層まで人力で掘削し、鉄筋を組立ながらコンクリートを打設して基礎とする工法です。掘削しながら地層を目で確認できるため、スピーディーかつ能率のよい作業が行えます。

特長
  • 簡便な工法で、耐久力を有する基礎構造が可能。
  • 狭小現場、傾斜地などでも施工が可能。
  • 基礎底部を拡大して、大きな支持力を得ることが可能。
  • 地中障害物の除去が容易に行える。
  • 低振動・低騒音で施工できる。

ダウンザホール工法

概要

山岳地帯でも施工が容易なラフタークレーン式、高垂直精度施工が行える三点杭打ち式があり、硬質玉石岩層を強力なダウンザホールドリルによって穿孔し、またドリルビットの交換により広範な作業現場に幅広く適用させることができます。

特長
  • 超硬質岩でも穿孔でき、玉石、転石等も容易に施工できる。
  • ビットの交換により、口径変更が容易に行える。
  • 段差打ちができる。(ラフター式)
  • ロッドの継ぎ足しにより最大50mくらいまで削孔することができ、長尺杭の施工も可能。(三点式)
  • 垂直精度にすぐれ、オーバーラップ施工も可能。鋼矢板の先行掘りや連壁の施工に威力を発揮する。(三点式)

鋼矢板圧入工法

概要

補助リーダーにオーガーマシン及び油圧シリンダー付き回転チャックを装備したものにシートパイルを装着し、スクリューヘッドをシートパイル先端より1mほど先行させて掘削する工法です。オーガー先端周辺を柔らかくした後、2本の油圧シリンダーを交互に伸縮させ、シートパイルを圧入します。

特長
  • 根入れ地盤を乱さず、ヒービング、パイピングの心配がない。
  • 既設建造物から400oまでの極めて近接での施工ができる。
  • 引抜時ケーシング逆転で掘削土を押し戻し、地盤復帰ができる。
  • 硬質地盤でも圧入が可能。
  • 垂直精度が高く、長尺物の施工も可能。

サイレントパイラー工法

概要

チャック装置により反力杭をチャックし、次に打込み杭をチャッキング装置にセットして圧入装置により静荷重圧入、引抜きを行う工法です。自走しながら1台で圧入・引抜き施工が行え、コーナー圧入やカーブ圧入も容易にこなします。

特長
  • 低振動・低騒音・無削孔でパイルの圧入・引抜施工ができる。
  • 軽量・コンパクトで組立て・解体がなく、運搬が容易。
  • パイル長さと打止高さが任意に設定でき、水上、上空障害の現場等、施工範囲が広い。
  • 垂直および方向の調整が容易で、精度の高い施工ができる。
  • 地盤のゆるみが生じない。
  • ウォータージェット等と併用可能。

地中連続壁工法

概要

セメント溶液などの硬化溶液を用いて、原位置土を1軸または多軸オーガーにより混合させて、土留め用、止水用の連続壁体を造成する工法です。造成される各エレメントの壁体は、完全ラップさせることができ、連続一体の地中壁を造成することができます。

特長
  • 周辺地盤に対する影響がきわめて少ない。
  • 止水性が高い。
  • 粘性土地盤から玉石、転石地盤、軟質地盤にいたるまで、広範な地盤で施工ができる。
  • 低騒音・低振動での施工ができる。
  • 泥土処理が不要で、排出土がきわめて少ない。
  • 大幅な工期短縮が可能。

PHC杭工法

概要

PHC杭とは、プレテンション方式遠心力プレストレストコンクリートパイルの略称で、コンクリートの圧縮強度が78.5N/mm2以上のパイルです。施工方法は大きく分けて埋込み工法と打込み工法の二つです。現在、施工方法の7割程度が振動・騒音の少ない埋込み方式ですが、そのなかでも中掘り拡大根固め工法やプレボーリング拡大根固め工法が今後さらに増加する傾向にあります。

特長
  • 打撃に強く耐衝撃性能に優れています。
  • 軸方向の耐力が大きい杭です。
  • 軸力と曲げ耐力に応じて杭種が選択できます。
  • 大きな水平力と曲げモーメントを同時に受ける場合、上杭にSC杭を使用することにより、同一径で経済的な基礎の設計ができます。

▲ TOP